NTTグループのソリューションガイド
月刊ビジネスコミュニケーションによるエキスパートブログ
HOME | ABOUT |
atom rss2.0

« previous next »

SIP

2008.02.08|通信ソフトウェア開発 このエントリーをはてなブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録この記事をクリップ!BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

近年、IP電話等ではSIPによりセッション制御することが一般的になった。このSIPというプロトコルは通信ソフト開発の中では、既存の電話交換機系プロトコルと比べてインパクトが大きいものだと思う。

さて、どこでインパクトが大きいかというと、テキストベース・メッセージフォーマット。インターネットの世界では当たり前のフォーマットであるが、既存の電話交換機プロトコルと比較して随分処理が重くなってしまった。

SIPが流行りだす少し前、通信分野の先輩方とSIPってどうなりますかね、と議論したことがある。その時、私自身はSIPが電話のセッション制御だけでなく、もっと広い分野のセッション制御に使うように拡大され、SIPはTVとか、家電制御のような分野まで拡大するのではないか?と話をした記憶がある。概ねその方向に進んでいるわけだが、ある先輩からは“SIPなんて重たくて駄目だよ。交換ソフトとして組み込むのは厳しい”と一蹴されたものだった。その時の指摘のポイントはプロトコルがテキストベースだからというもの。最近になり、この指摘を思い返すことが多い。

既存の電話交換機プロトコルは数字やビット列をそのままソフトで演算処理を出来たが、テキストだとテキストの区切りを整理するにも処理がかかるし、比較演算を考えても数字やビット配列の処理と較べると、かなり大変だ。さらに、セッションを管理するためにプロトコル情報を保持する必要があるが、これをテキスト形式で内部処理がしやすいように保持するとメモリ使用も一気に増えることになる。

対策として、ソフト内部処理では、テキスト形式で処理せず、扱いやすい数字、ビット列に直してしまうこともできる。これなら性能はあがるしメモリ量も大幅に削減できる。 しかし、そうするとそもそもSIPを使う必要があったのか?という疑問が生じてしまう。

テキストベース・メッセージフォーマットの良さはその柔軟性であり、柔軟性を活かしつつ、プロトコルでも固定的な部分を従来の交換ソフトのような形で軽く作るというようにすることが目標であるが、コストもかかるし、ソフト開発者が十分理解して設計できるかというと悩ましいのが実情だと思う。SIPサーバのソフトとして、これが最良であるというものを早く確立したいが、もう少し時間がかかりそうだ。

Latest