ホーム > NTTグループのソリューションガイド > AI(人工知能)関連のソリューション

AI(人工知能)関連のソリューション

コンピューターの処理能力向上により、ディープニューラルネットワークを使った機械学習「ディープラーニング」が実用的になりました。このことをきっかけにAIをビジネスに活用する例が増えています。

NTTグループ各社も、NTT研究所が開発したAI技術群「corevo®(コレボ)」を活用し、さまざまなソリューションを開発、提供しています。

このページに掲載されている各記事は、次のような疑問をお持ちの方に役立ちます。

「AI(人工知能)をビジネスで利用するには?」「RPA(Robotic Process Automation)って何ですか?」

各ソリューションのタイトル名をクリックすると、概要とお問合せ先が表示されます。「PDFファイル」という赤いボタンをクリックすると、弊誌に掲載された内容を全てご覧いただけます。

R&D Forum Showcase 2017

NTTサービスエボリューション研究所

本年2月に開催された「NTT R&D Forum2017」で、NTT研究所のAIやIoTなどの技術をショーケース化した「R&D Forum Showcase 2017」では2020とその先の社会に向けた、さまざまな技術を実体験を通じて紹介されました。

【お問い合わせ先】

2020エポックメーキングプロジェクト/コ・イノベーションプロジェクト
E-mail:scf17@lab.ntt.co.jppromo@lab.ntt.co.jp

 PDFファイル

R-env:連舞®&デバイス連携サービス

NTTサービスエボリューション研究所

NTTグループのAI「corevoTM(コレボ)」の一つである「R-env:連舞」は、複数のデバイスを連携させて単体のデバイスでは実現できないサービスを実現可能にするデバイス連携制御技術です。NTTグループは、「R-env:連舞」等で構成される「corevo」関連技術で構成された共通基盤を通じて、各社連携のもと様々な分野・業界で、デバイス連携サービスのサービストライアルを展開しています。複数のデバイスやセンサからの情報を分析して、状況や利用者に合わせて制御することを可能にするなど、NTTサービスエボリューション研究所では、「R-env:連舞」を継続的にブラッシュアップして、センサやロボットを連携させて誰もがアイデアを具現化できる仕組みづくりを進めています。

【お問い合わせ先】

ネットワークドロボット&ガジェットプロジェクト
TEL:046-859-2249

 PDFファイル

IoTソリューションとAI技術活用

NTTデータ

NTTデータでは、これまで蓄えたさまざまなアセットに加え、AI技術を活用し、新たな価値創造を実現するIoTを含めたデジタル戦略においては、企業を超えた業務革新やビジネスモデル創造を支援するための「NTTDATA Enterprise IoT」を展開し、すでにグループ全体で1,500名以上の専門集団が高付加価値サービス提供に向けた取り組みを進めています。

【お問い合わせ先】

株式会社NTTデータ ビジネスソリューション事業本部 次世代技術戦略室
・IoTビジネス担当 TEL:050-5546-8635 E-mail:iot@am.nttdata.cp.jp
・AIビジネス担当 TEL:050-5546-8635 E-mail:ai-business@am.nttdata.co.jp

 PDFファイル

業務システム向けRPAツール「WinActor」

NTTアドバンストテクノロジ

NTT研究所で研究開発された技術をベースとしたRPAツール「WinActor」。これまで人手でないとできないと思われてきた複数システムにまたがるデータの投入を自動化し、人手作業における効率を大幅に改善します。

【お問い合わせ先】

NTTアドバンステクノロジ株式会社 商品お問い合わせセンタ 
TEL:0120-057-601 E-mail: 
http://www.ntt-at.co.jp/product/winactor/

 PDFファイル

テーマ別のソリューション一覧へ


会社・組織別のソリューション一覧