NTTグループのソリューションガイド

ICTソリューション総合誌 月刊ビジネスコミュニケーション

ビジネスコミュニケーション
第64回 Web2.0と要求管理 国立大学法人 名古屋大学 情報連携統括本部 情報戦略室 教授 山本修一郎

国立大学法人 名古屋大学 情報連携統括本部 情報戦略室 教授
(前NTTデータ フェロー システム科学研究所長)山本 修一郎

Web2.0による新しいソフトウェア開発方式の取組みが始まっている。たとえば、ERPではカスタマイズによる開発が日本だけでなく、欧米でも実は盛んだということだ。カスタマイズでどのようなことが実施されているかを調査した研究がある。その内容をみると、既存システムの改造・拡充作業によく似ている。対象ドメインが同じで、継続開発に起因する要求変更管理が必要になること、したがって類似要求や類似開発が多いこと、つまり再利用が重要になる。ところが従来の開発方式や開発環境は新規開発に焦点を当てているため、改造で必要となる顧客と開発者、開発者間のコラボレーションをかならずしも十分に支援してはこなかった。

続きは本誌でご覧頂けます。→本誌を購入する
ご購入のお申込みは電話(03-3507-0560)でも承っております。

第59回以前は要求工学目次をご覧下さい。


会社概要 NTT ソリューション 広告募集 ページ先頭へ
Copyright:(C) 2000-2017 BUSINESS COMMUNICATION All Rights Reserved. ※本サイトの掲載記事、コンテンツ等の無断転載を禁じます。

【PR】

ピンポイントプライベートセミナー 企画、集客のご案内