NTTグループのソリューションガイド

ICTソリューション総合誌 月刊ビジネスコミュニケーション

ビジネスコミュニケーション
第90回 サービス保証ケース手法国立大学法人 名古屋大学 情報連携統括本部 情報戦略室 教授 山本修一郎

国立大学法人 名古屋大学 情報連携統括本部 情報戦略室 教授
(前NTTデータ フェロー システム科学研究所長)山本 修一郎

本稿では、保証ケース(Assurance case)をレビュする方法を、文献[1]に基づいて紹介する。保証ケースについては本連載[2]、保証ケースのためのリスク分析手法については前々回[3]紹介した。サービス保証ケース作成手法については前回[4]紹介した。

ところで、「アシュアランスケース」としないで「保証ケース」と表記している理由は、カナ漢字変換の時に、「亜種ランスケース」などと、筆者がタイプミスしやすいことと、「アシュアランス」の方が「保証」よりも、文字数が長くなるためである。それ以外に理由があるわけではない。気になる方は、保証ケースをアシュアランスケースと読み変えていただいて結構である。実際に、この連載でも最初は「アシュアランスケース」としていたものである。そういえばある講演を依頼された際に、「ソフトウェア・アシュアランス」について話しましょうかと提案したところ、「某基本ソフトウェア企業のサービスのことですね」といわれて驚いたことがある。「保証」にいろいろな意味があるように、「アシュアランス」にもいろんな意味がある。言葉の選択には難しいところがある。

保証ケースのレビュプロセス

Kellyは、表1に示すような4段階の保証ケースレビュ手法を提案している。

保証ケースレビュでは、まず、議論構造を理解し、次いで議論構造について構造面から問題がないことを確認する。さらに、議論状況について十分性とともに、議論の完全性を確認する。Kellyの段階的レビュ手法では、十分性と完全性の段階だけが反復するプロセスになっている。

以下では、Kellyの方法を説明しよう。

表1 保証ケースの段階的レビュプロセスの概要(クリックで拡大)

表1 保証ケースの段階的レビュプロセスの概要

◆議論構造の理解

保証ケースのレビュでは、保証ケースで記述されている議論の内容を理解することから始める。保証ケースを構成している議論の構造を理解するために、まず議論の基本要素として、主張や前提条件、証跡を識別する。次いで、議論の構成要素間の関係を識別するために、主張や前提条件、証跡の相互関係を明らかにする。さらに、保証ケースが文章で記述されている場合には、GSN(Goal Structuring Notation)などの構造記法を用いて、議論構造を再表現する。

◆議論構造の検査

議論構造が理解できたら、次は議論構造の妥当性を検査する必要がある。議論構造が良くなければ主張を証跡によって保証できないからである。良くない議論構造として、議論構造に欠陥がある、議論が循環している、議論構造に抜けがあり不完全である、主張に対する証跡の役割が曖昧である、議論の構成要素間の結合関係に問題があるなどがある。

ここで議論の循環というのは、証跡が前提条件になっているような主張があることである。この場合、議論が堂々めぐりしてしまうことになる。

◆議論状況の十分性と完全性

保証ケースの議論を構造面から理解して検査できたら、次は意味面から保証ケースを確認する段階になる。意味的な妥当性を確認する場合、主張に対して証跡が十分であることと、主張を反証するような証跡がないことを検査することになる。主張に対して十分な証跡があることを議論状況の十分性ということにする。一方、主張に対する証跡による議論に反証がないことを議論状況の完全性という。主張と証跡に対して反証できる証跡が見つかった場合、対立する主張とその証跡を含めることによって完全性がより高くなるように、議論を再構成する必要がある。

議論状況の十分性の検査では、議論の構成要素に抜けがないことを検査するとともに、前提条件が必要ならコンテクスト情報を追加する。

◆議論の批判と反論

議論状況の完全性を検査するために、議論状況に対する反論を試みることで批判的に検査する必要がある。議論状況の批判では、まず演繹証明的議論と帰納推論的議論を識別する。ここで主張の真偽が確定できるような議論のことを演繹証明的議論という。これに対して、主張の真偽が確率的にしか決定できない不確定的な議論のことを帰納推論的議論という。

演繹証明的議論では真偽の妥当性を確認する。帰納推論的議論では結論に対する前提の十分性を確認する。

反復的レビュプロセス

Kellyの段階的レビュ手法では、段階1から段階2、段階3、段階4へと順番に進み、段階4から段階3へ戻り、段階3と段階4だけが反復するプロセスになっている。しかし、本当にそうだろうか?なぜ、段階4から段階1に戻ることはないのだろうか?もし段階4で結論が反駁される場合が発見されたら、それに対する対立主張と対立証跡が保証ケースの構造に追加されることになる。したがってもう一度、議論構造についても理解と検査が必要になるはずだ。このように考えると、図1のような反復的保証ケースレビュプロセスのほうが自然であると思われる。

以下では、第4段階の議論状況の理解について、議論の完全性の具体的な検査内容について説明する。議論状況の完全性として、証跡と主張の関係、証跡の監査、議論の妥当性に分けて述べる。

図1 保証ケースの反復的レビュプロセス

図1 保証ケースの反復的レビュプロセス(クリックで拡大)


保証ケースの証跡と主張の関係

保証ケースでは、証跡に基づいて結論としての主張が議論構造によって保証されることを確認する。Kellyは、証跡と主張との関係について表2に示すような6特性を提示している。すなわち、議論が網羅性、独立性、限定性、直接性、関連性、頑健性を持つ必要があるというのである。もし、議論がこれらの特性を持たないと、主張が反駁される可能性がある。以下では、これらの特性ごとに説明しよう。

続きは本誌でご覧頂けます。→本誌を購入する
ご購入のお申込みは電話(03-3507-0560)でも承っております。

第59回以前は要求工学目次をご覧下さい。


会社概要 NTT ソリューション 広告募集 ページ先頭へ
Copyright:(C) 2000-2017 BUSINESS COMMUNICATION All Rights Reserved. ※本サイトの掲載記事、コンテンツ等の無断転載を禁じます。

【PR】

ピンポイントプライベートセミナー 企画、集客のご案内